So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

矢吹町 大正ロマンの館へ。 [life]

1202_大正ロマンの館入口サイン.jpg


矢吹町にオープンした大正ロマンの館へ。
1階は、Tea tree cafeで2階は学習室、貸会議室。
場所は、福島県西白河郡矢吹町本町161-7


1202_大正ロマンの館正面.jpg
1920年にできた洋風建築。昭和40年代まで尾形医院として使用されていた。


1202_大正ロマンの館2F学習室.jpg
2階の学習室。wi-fiも使用できる。


1202_大正ロマンの館1F入口野菜販売.jpg
1F入り口にて矢吹町産朝採り無農薬野菜も販売。


1202_大正ロマンの館2Fへの案内図.jpg
2Fへの案内図。


1203_2289大木代吉本店.jpg
矢吹町 大木代吉本店。大正ロマンの館前の建物もシブい。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

道の駅「明治の森・黒磯」まで。 [life]

294号線から4号線を経由して道の駅「明治の森・黒磯」まで走る。自転車ではない。距離にして片道53.7km。じゅうぶんに自転車で移動できる距離だ。ただし交通量、道幅を考えるときびしい。つねにクルマ移動時は自転車走行できるかのロケハンのつもり。ここは明治時代に、ドイツ公使や外務大臣等を務めた青木周蔵が那須別邸として建てた建造物がある。平成11年12月に国重要文化財に指定。観覧料は大人 200円、小中学生 100円 毎週月休館。

-1120_2282.jpg

-1120_2279.jpg

-1120_2281.jpg

-1120_2280-EFFECTS.jpg

道の駅「明治の森・黒磯」
http://www.nasushioagri.or.jp/mysite2/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

がん検診と我孫子国際野外美術展 [art]

ちょっと前の記録として。
オーバーホールが終わった自転車で第19回 我孫子国際野外美術展に行く。
会場受付で印西市の市民活動で知り合った星さんに会う。

今年はゆっくり見る時間がとれなかったが10月30日と11月1日に訪れる。
がん検診(旧本埜村保健センター)と我孫子国際野外美術展の組み合わせだった。


-1031_千葉工業大学.jpg
作品は、Unnatural mound(千葉工業大学遠藤研究室)
宮の森公園会場にて。


-1031_アダム・ウーレン.jpg
作品「失われた楽園よりさらに遠くへ お茶でもどうぞ」
アダム・ウーレン(オーストリア)
宮の森公園会場にて。


-1031_関谷俊江.jpg
作品「色彩に遊ぶ」関谷俊江
布佐市民の森にて。


-1031_及川真咲デザイン.jpg
作品「(s)oyogu」及川真咲デザイン事務所(林慎一郎+おいかわみちよし)
布佐市民の森にて。


-1031_青野千穂.jpg
作品「ブランコ-I ブランコ-II」青野千穂
布佐市民の森にて。


-1031_古城里紗.jpg
作品「気配」古城里紗
相島の森にて。


-1101_2224青野千穂.jpg

-1101_2225青野千穂.jpg
作品「ブランコ-I ブランコ-II」青野千穂
11月1日小雨の朝、再び布佐市民の森、
青野さんのブランコのところへ。


-1101_2221青野千穂.jpg
作品「湧・涌・沸 - II」青野千穂
11月1日小雨の朝、浅間神社にて。
本殿のうらにも作品があった。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

伊藤文夫陶展、今年も銀座で。 [art]

-itofumio_A.jpg

今年も銀座で開催。
伊藤文夫 陶展 −鉢の子窯−

2016年11月7日(月)〜13日(日)
12:00〜19:00[最終日17:00まで]
柴田悦子画廊にて。
www.shibataetsuko.com/
〒104-0061 東京都中央区銀座1-5-1第3太陽ビル2F
TEL & FAX / 03-3563-1660

*初日11月7日(月)19:00より
オープニングLIVEがあります(無料)
李政美(イ・ヂョンミ)ライブ
キーボード:竹田裕美子


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

釈迦堂川にかかる借宿橋 [life]

1015_2154.jpg

1015_2160.jpg

1015_2162.jpg

ふだんクルマ移動をしているので久しぶりに歩いてみた。
目標はイオンスーパーセンター鏡石店まで。
途中、釈迦堂川にかかる借宿橋を通過する。
(後日、借宿という地名についてはtwittwer ‏@yamauchikaz で詳しくわかる。その後フォローして返信をもらう)
片道が約4kmぐらいなので帰り道は
東北自動車道・鏡石PA下りのコンビニに寄って合計9km。

数年ぶりに友だちの家の前を通ったらちょうど会えた。
20代から始めた盆栽の趣味はプロ級。
海外からも見学に来るほどとのこと。
またゆっくり会う約束をして別れた。
盆栽ハウスにはいい音楽が流れていた。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

近くても遠い場所 [book]

1005_近くても遠い場所.jpg

近くても遠い場所
一八五〇年から
二〇〇〇年の
ニッポンへ

木下直之 著
A5判 336頁
定価:本体2,500円+税 晶文社

戦前に町の中にあった戦争の英雄・軍人像が戦後は平和を祈る裸体像に変わった。戦後に多く作られた動物園は、いまや財政難で、おいそれと野生のゾウを購入できない。多くの祭りは神輿を担いで盛り上がるが、江戸では仮装行列をして練り歩いた。隣にあってしかるべきだと思っていたものは、常に刻々と変化している。見世物、絵馬堂、美術館、動物園、お城、戦争……著者は見慣れた風景の中に、見落としてきたものを見つけ、新たな意味や価値を発見する。およそ150年の日本社会の変遷を、風景から掘り起こす歴史エッセイ。



近くても遠い場所: 一八五〇年から二〇〇〇年のニッポンへ

近くても遠い場所: 一八五〇年から二〇〇〇年のニッポンへ

  • 作者: 木下 直之
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 2016/09/24
  • メディア: 単行本





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

今月もCCGAへ。 [art]

今月もCCGA現代グラフィックアートセンターへ。

現在開催中は、フランク・ステラ〈イマジナリー・プレイシズ〉
タイラーグラフィックス・アーカイブコレクション展Vol.29
(2016年12月23日まで)
http://www.dnp.co.jp/gallery/ccga/

小塩江駅からCCGAの道案内看板を撮影する。
まわりはすべてトタン建築物。

-0925_2134.jpg

-0925_2135タペストリー.jpg


福島空港 3Fにも寄る。25日が最終日。
怪獣絵師 開田裕治とウルトラマンの世界展

-0925_2128ウルトラマン.jpg


もうひとつ、
阿武隈川西岸の丘陵岩壁に彫られた和田の大仏。
入口の根がおぞましい感じ。
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/2981.htm

-0925_2133和田大仏入口.jpg

-0925_2131.jpg

-0925_2130和田大仏説明.jpg



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

はたらくことは、生きること [book]

はたらくことは.jpg

はたらくことは、生きること
昭和30年前後の高知
石田 榮 著


働くことは
生きること、
いっしょうけんめい
生きること。


戦後まもない高知の鉱山・漁村・農山村で働く人びとのかがやく姿を、鮮やかにとらえたアマチュア写真家の、深い共感のまなざし。

石田榮は、特攻隊を送り出す整備兵をへて、敗戦後、海外引揚者から譲り受けたカメラで写真と出会った。働いて日々を生き抜くなかで、休みの日、カメラ片手に日曜日でも体を張って働く一次産業の人びとへ会いに通った。昭和30年前後の5年ほどの間に撮られた写真は、ネガのまま半世紀を超え、人々の笑顔を甦らせる。



はたらくことは、生きること―昭和30年前後の高知

はたらくことは、生きること―昭和30年前後の高知

  • 作者: 石田 榮
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2016/07/25
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

印旛沼サイクリングロード、Mさんと走る。 [bicycle]

-0910_リーフデ.jpg

先週末の自転車メモ。印旛沼サイクリングロードを走る。西白井のMさんに声をかけて佐倉ふるさと広場、リーフデ前ベンチで待ち合わせ。こちらはちょっと足を伸ばして佐倉城址公園まで行ってふたたびリーフデ前に戻るとMさん、リーフデを撮影中。双子橋〜瀬戸の湧き水〜印旛日本医大裏の里山コースを走り牧の原駅前の草深公園、近くのフードコートで一休みで解散。ハイブリット車の威力は里山から幹線道路の出る時の上り坂をスーッと上りきってしまうのに驚きだった。

-0910_佐倉城址公園入口.jpg

-0910_印旛沼倒れた稲穂.jpg

-0910_印旛少年院跡.jpg

大きな椎の木のある公園。印旛航空機乗員養成所本部跡でその後印旛少年院として利用。ただし公園に椎の木の由来は表記していなかった。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本宮映画劇場を見る。 [cinema]

打ち合わせの帰りに足をのばす。
奇跡のシネマパラダイス、本宮映画劇場にて。
(本宮市本宮字中條)

-0906_2104.jpg

-0906_2100.jpg

-0906_2101.jpg

詳しい情報
http://www.cinema-st.com/classic/c039.html

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。